root3のつぶやき3号店

趣味の話とか。※近いうちに旧ブログの記事移植予定です

【VG】鬼神降臨環境 天啓(アマルーダ)軸ジェネシスver2

マルーダのESB3は重たいと言ったな。あれは嘘だ。

というわけで実際に回して調整したアマルーダ軸です。

デッキレシピ

G3(6枚)

G2(12枚)

  • 順風の女神 ニンニル×4
  • 戦巫女 センリ×3
  • 盤の戒め ギョウル×2
  • 貪り喰うもの グレイプニル×3

G1(15枚)

  • 枷の戒め ゲルギャ×4
  • 泡沫の女神 アワナミ×3
  • 神界獣 スコル×3
  • アースエレメンタル コネル×1
  • 堅守の女神 キビツヒメ×4

G0(17枚)

  • 戒めの作り手 ヴァン×1(FV)
  • 戦巫女 ククリヒメ×4(☆)
  • 吉凶の神器 ロット・エンジェル×2(引)
  • 春眠の女神 ターロ×4(醒)
  • ドリーミング・ドラゴン×2(醒)
  • 大器の魔女 ローリエ×4(治)

Gユニット(16枚:Gガーディアン5枚)

  • 決着の女神 パラス・アテナ×1
  • 天獄神獣 フェンリル×1
  • 究明の女神 イシュタル×4
  • 破壊神獣 ヴァナルガンド×2
  • 大天使 ドゥームブレイズ×1
  • 天空の女神 ディオね×1
  • エアーエレメント シブリーズ×1
  • 綾織の女神 タグウット×1
  • 大成の魔女王 ローリエ×1
  • 七色の女神 イーリス×3

解説

変更点のみ書きます。

盤の戒め ギョウル

フェンリル指定ですが、

という点を見込んでコトノハの代わりに採用しました。フェンリルライド時はアマルーダよりも無駄にソウルがたまりやすいので、ソウルとデッキの潤滑油のような役割を果たしてくれました。

アースエレメンタル コネル

お守り。ディナイアルには無力ですが、ヘテロやリリーは1回だけ防げます。*1
また、ドリーミングドラゴンも狙われやすく、これを一緒に置いておくことで守ることができます。ヘテロとパンドラキメラが同時に飛んできたら諦めてください(

クレイマー・ハリーは、CCがそこまで必要なかったので解雇。

トリガー配分

やはり☆が少ないと圧力が足りないのと、終盤過剰スタンドになっていたので☆を増やしてスタンドを減らしました。ターロは抜きづらかったのでドリーミングドラゴンを削っていますが、デッキを再生できるかどうかは割と死活問題なのでターロ3枚ドリーミング3枚もアリかもしれません。

感想

発売前のプロキシ回しから変わった印象としては、

  • 超越がかなり安定する
  • かなり火力が出る

という点です。最初はギョウルやベレヌスが一切使えないことのデメリットの方が大きいかなーと思っていたのですが、使ってみるとその安定性と攻撃力にびっくりしました。

超越の安定性

マルーダのESB3で超越コストを踏み倒すスキルですが、天啓軸ジェネシスは手札を稼ぐ方法が少ないので、「そもそも手札を使わない」というのは非常に重宝します。また、天啓をソウルに3枚貯めることもそんなに難しくなく、

  • 初回超越→VやR登場時の天啓でできるだけソウルに仕込む
  • 2回目以降→イーリスで戻す、グレイプニルで吸い込む

あたりを意識すれば普通にたまります。イシュタルのSB3は機会としては使えて1〜2回なので、アマルーダの超越ボーナスまで含めると意外とソウルは足ります。

火力

マルーダの4kパンプやニンニル、イシュタルの3kを組み合わせるとかなりRのラインが上がります。初回から安定してRから15k要求以上が取れるので、がっつり相手の手札を削ることができます。

以上から、アマルーダ軸には(現時点でも)フェンリル軸に勝るとも劣らない魅力があることを再認識しました。今後の強化も楽しみですね。

*1:都合よくRに出せるとは限らないとか言ってはいけない